株式会社ケンチは、「コンクリート二次製品」の製造・販売、公共土木事業を通して、地域環境を創造する企業です。

株式会社ケンチ

お問い合わせ
お問い合わせ窓口(受付時間8:00~16:45)TEL.0766-52-0113

製品情報

セーフティロード

概要

セーフティロードは張出式の歩道設置工法で、床版を基礎部で支える片持ち梁式構造であるため、河川や水路沿いであれば流水断面を欠損することなく、市街地では最小限の用地で歩道設置が可能です。施工が早く、工事による交通規制の短縮が図れます。

写真

セーフティロード 写真1セーフティロード 写真2

特徴

 

  1. 施工のスピード化
    工程の短縮が可能な為、工事起因の公害が大幅に減少します。(工期は在来工法の約1/4。周辺環境への影響を少なくします。)
  2. 安全性の向上
    リブ構造体で基礎部と床版が一体化した為、安全性が非常に高くなりました。(アンカーボルト等の材料を不要としました。)
  3. 流水断面の保護
    片持式支持構造である為、河川や水路沿であれば、流水断面を欠損することなく歩道設置が可能です。
  4. 半永久的構造物
    厳密な品質管理の下で製造されたRCコンクリートの為、設置後のメンテナンスが不要となります。

 

寸法図

●本体

セーフティロード 寸法1

 

 

 

 

セーフティロード 寸法表

 

●フラットボード

  セーフティロード 寸法2   

    セーフティロード フラットボード寸法表

施工断面図例

 

セーフティロード 施工断面1セーフティロード 施工断面4セーフティロード 施工断面2セーフティロード 施工断面5セーフティロード 施工断面3セーフティロード 施工断面6

 

※1 歩道幅を表しています。
※2 記号は以下の通りです。 M:マウンドアップ F:フラット G:ガードレール付
※3 図は張出し板前面に水を抜く場合の設置例で、それ以外の図は車道側に排水する場合の設置例です。

 

参考歩掛

セーフティロード 参考歩掛り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標準施工断面図

セーフティロード 標準施工断面図 

 注)1.本歩掛りは、製品本体をフラットに据え付けた場合の歩掛りです。

   2.基礎材料は地盤状態により増減して下さい。地耐力不足の場合は別途ご検討下さい。

   3.クレーン車能力は標準的な施工現場で、製品重量の約3倍以上のものをご準備ください。

   4.据付クレーン車実働時間は6時間としてあります。

   5.施工現場の難易度により、据付歩掛りを適宜割増して下さい。

 

施工手順

 

セーフティロード 施工手順1  セーフティロード 施工手順2  セーフティロード 施工手順3  セーフティロード 施工手順4 

 1.製品搬入      2.製品反転       3.モルタル敷設     4.製品据付

 

 

セーフティロード 施工手順5  セーフティロード 施工手順6  セーフティロード 施工手順7  セーフティロード 施工手順8

 5.勾配確認      6.間詰コンクリート打設    7.埋戻し        8.完成
                (鉄筋挿入)

 

 

!重心位置が先端側にある為、据付作業中及び養生中は、製品床版上に荷重をかけないで下さい。

  • 資料請求
  • お問い合わせ
一覧に戻る

このページのトップへ