株式会社ケンチは、「コンクリート二次製品」の製造・販売、公共土木事業を通して、地域環境を創造する企業です。

株式会社ケンチ

お問い合わせ
お問い合わせ窓口(受付時間8:00~16:45)TEL.0766-52-0113

製品情報

ライン導水ブロック-F型、G型NETIS 登録番号 KK-020004-V  CG-030001-A

概要

  従来のL型街渠では路肩に水溜りができて、車両通行時に水ハネが発生することがありましたが、ライン導水ブロックF型は、歩車道境界ブロック内に水路を内蔵することにより、路面上や排水性舗装内の雨水を取り込んで排水し、通行の障害となる水溜りを解消する製品です。
また、舗装とL型街渠の境界で発生する横断勾配折れを解消して、道路横断勾配を一定にできるので、自転車通行者、車両ともに安全に通行できます。

写真

 

ライン導水 写真1   ライン導水 写真2

特徴

 

  1. 水溜り解消・水ハネ防止
    ・バリアである水溜りが解消され、歩行者が快適に通行できます。
    ・水ハネを防止して、歩行者が安心して通行できる環境を提供します。

    ライン導水 特徴1

  2. 有効幅員の拡大
    ・街渠エプロンが不要になるので、路肩の有効幅員が拡がり、横断勾配折れを解消して路面の横断勾配が一定となります。

    ライン導水 特徴2

     

  3. 路肩走行の安全性の向上
    ・平成20年1月、国土交通省と警察庁が合同で、自転車通行環境整備のモデル地区を全国98ケ所に指定しました。従来はエプロンを避けるために自転車が車道側へ寄って走行するため危険でしたが、ライン導水ブロックを使用すると、より安全に、より快適に走行できます。

    ライン導水 特徴3

     

  4. 排水性舗装への対応
    ・路面集水スリットでは舗装表面の雨水を内部水路に取込みますが、側面導水溝・導水孔では排水性舗装体内に浸透した雨水を内部水路へ取込みます。

    ライン導水 特徴4

     

  5. 中央分離帯への適用
    ・路面に滞水しやすい片勾配区間の中央分離帯部でも、安全&効率的に雨水を処理することができます。

    ライン導水 特徴5

     

  6. 環境性
    ・ライン導水ブロックはバイコン製法で工場生産されます。バイコン製法は粒度調整された超硬練コンクリートを振動と圧縮によって締固め、成形直後に脱型する製法です。
    ・少ないセメント量で高強度製品が製造できるため、他製法のプレキャスト製品に比べて製品ボリューム当りのCo2排出量が削減されます。
    ・さらに、バイコン製法は蒸気養生を要せずに自然養生で高強度を発現するため、養生に関しても環境にやさしい製法です。

主要品目

 

 

ライン導水 主要品目1

 

 

ライン導水 主要品目2

 

 

ライン導水 主要品目3

 

 

ライン導水 主要品目4

 

 

・ライン導水ブロック-F型には、φ150(歩道車A/H150、同B/H200)とφ200相当(歩道車A/H150)があります。
・ライン導水ブロック-F型の品目には、標準、擦付、歩道切下部、車両乗入部、車道桝、歩道切下桝、縁石桝、点検口等があります。組合せにつきましては、各地区営業担当者にご相談下さい。
・ライン導水ブロック-G型には、φ60、100、150があります。

 

  • 資料請求
  • お問い合わせ
一覧に戻る

このページのトップへ